不動産屋の広告は顔が命(2019/8/14)

熊本の不動産会社、太陽不動産の岡崎です。

当社では現在様々な媒体で広告などを出稿しております。

基本、わたしは広告は自分でデザインし、データを入稿したりしてます。

もちろん、広告代理店さんなどに指示し、プロにお任せすることもできますが、それじゃイヤなんです。

デザインのラフぐらいは自分で作りたいし、ラフ作るなら、どうせならレイアウトなどもきちんと整えたいし。

なによりいざデザイン案できました!、って見てみると・・・。

ここはこうして、ああして、ってやってるうちに、 「あー、めんどくさい!自分でやる!」って結局なっちゃうんです。

前置きが長くなりましたが、タイトルの「顔が命」ですが、もうひとつ広告に対するこだわりは「顔」を出したい、ということ。

私自身色々な広告を目にしたとき、顔が出てる会社とそうでない会社、ちょっと安心できるのは顔が出てる会社、なんですよね。

だったらやっぱり、自分の広告を顔を出して、信頼してもらわねば、という信念(?)のもと、デザインをしているわけであります。

というわけで、過去に出向した、今現在も稼働している広告を振り返ってみたいと思います。

店舗看板

記念すべき、第1発目の店舗前看板です。当社は比較的交通量の多い通りに面していますので、ここに自分の顔写真を掲げるのはかなりの勇気がいりました。 しかし、結果的に好評で、これが顔写真入り広告のベースになりました。

 

通りから見ると、こんな感じに見えてます。

バス広告

2018年の6月から走っている、産交バスのバス広告です。代理店さんが飛び込みで来られました。金額面でもコスパよく、ほぼ即決しました。

そしてどうせ出すなら顔写真入の看板を、、と思いましたが、これもかなり勇気が入りました。

なにせ自分の「顔」が街中走り回ってるんですから(゜o゜;

知り合いで見た方にはかなりインパクトがあるらしく、「見たよ~」と、話しのネタにしていただいております。

日経新聞2018年11月ごろ

無料で広告を出します、との声に負け日経新聞を6ヶ月契約。

日経となると読者層がかなり絞られるため、広告効果はかなりの疑問符が付きますが、まぁタダだからとお願いしました。

業界紙フリーペーパー

当社でも加盟している「at home」から加盟店向けに毎月発行されるフリーペーパーです。

営業担当の方から、こんな企画ありますけどいかがですか、とお声を掛けていただき、即OK。断る理由がないじゃないですか。

わざわざ大阪、東京から取材に来られ、短い時間でしたが、楽しい刺激をもらいました。

回覧板広告

黒髪周辺で使用される回覧板です。集合住宅や若い世帯の方たちは見られていない、という話しも聞きますが、地域の方たちにとっては大事な情報源であることには変わりません。

媒体としては昔からある最もアナログな広告手法かもしれません。

市役所封筒広告

一番最近です。役所の窓口に置いてあるあれです。熊本北区役所、龍田出張所、清水総合出張所に設置されています。

その他

他にも小さなフリーペーパーや、協賛広告などちょこちょこありますが、基本どれも顔写真入です。

当社はこれからも地域の皆さまに親しんで頂きたく「顔の見える不動産屋」として頑張っていきます。

広告を見られた方はぜひお声かけ頂ければ嬉しいです(^^)